MR FABRIC KOUBOU




HOME

POLICY

ORDER CURTAIN

SHOPPING

EXAMPLE

FABRICS
 
これまでにカーテンワークスが手がけた事例をご紹介します。
事例1事例2事例3事例4事例5事例6  以降はブログにてご紹介したいと思います 
リビング シェード
薄手のリネン(ストライプ柄)のシェード取り付けました。
透ける生地でベージュ色、自然な風合いとなります。

リビング ウッドブラインド
リフォームされた物件にウッドブラインド取り付けました。
ガーゼ生地の耐久性について
コットンガーゼ生地を加工場で間仕切りとして使用しています。
1日に何度も荷物を持ちながら通り抜けています。
耐久性の実験もかねているのですが、1年半ほどたちますがまだほつれたり破れたりしていません。


また、オーガニックコットン二重ガーゼの生地で、シェードやカーテンを納品取付していますが、6〜7年程度(平成16年頃取り付け)たっているところも多いのですがまだ現役でご利用いただいているところが多いです。

使用環境にもよると思いますが
10年ほど前(平成13年)に取り付けたガーゼシェードは、ベッドにすれており破れていたので昨年取り替えました。
厚手の生地のシェードはまだ使用しています。

結果として今のところ、コットンのガーゼ生地ですが
普通のレースカーテンと同じく使用できる素材だと思います。


取り付け前







後から取付できる裏地カーテン

以前より今使用しているカーテンに裏地を取り付けたいとのご要望があり、製作しました。

写真はサンプル用です。
麻100%生地のカーテンの裏側に、現在使用しているフックを利用してわかりやすいように茶色のフラットタイプカーテン
(遮光ポリエステル生地)を取り付けています。

ひだでたたむ際に一体縫製ではないので、カーテン裏で生地がもたつきます。
(一体縫製であれば使用する生地が表裏一体なのでまとまりやすくなります)

カーテン仕上がりサイズ、フックの数に合わせて製作します

一体縫製の場合は、伸縮率が違う生地を使用すると
しわやよれが出る場合があるので、同じ素材の生地をお勧めしていますが
後付けの一体でない場合は、特に素材は気にしなくてよいです


取り付け後 正面より

取り付け後 裏側より





直前のページに戻る
有限会社カーテンワークス 福岡県大野城市東大利1-6-5 092-558-0607 営業時間/9:00〜18:00 土日祝休
(C)2018 Curtain Works . All Rights Reserved